高崎市のグルメ

高崎市の日本一馬鹿豚は炙りチャーシューが旨い!食べやすい二郎系で駐車場も豊富!

2020年11月29日

群馬県高崎市の二郎系ラーメン屋、「日本一馬鹿豚」のレビュー記事です。

日本一馬鹿豚の味や内部の様子、雰囲気などについてしっかりとレポートしていきます。

数ある高崎市のラーメン屋の中で二郎系を食べたいと思っている方は一つの参考にしてみて下さい。

カツオ
記事のポイントです↓
  • 高崎市の日本一馬鹿豚は二郎系。
  • 炙りチャーシューが美味しく、スープはあっさり。
  • 店内は狭いが駐車場は豊富。
  • この記事で使用している写真は2020年11月29日に撮影したものです。

カッパ君
記事の内容に入っていきます。

高崎市の日本一馬鹿豚は目立つ派手な外見で駐車場は豊富!

日本一馬鹿豚はかなり目立つ、エネルギーのある外見です↓

日本一馬鹿豚

普通に車で走っていても「ギョ!」っとなるので、見落としにくい外見と言えるでしょう。

良くも悪くもこういう風に筆文字のフォントで店の壁が埋め尽くされている場合、かなり独特なお店である場合が多いです。

 

日本一馬鹿豚

文字が多すぎて店名がどれなのか分かりにくいのが欠点。

日本国旗のカラーをベースにしたデザインなので、愛国心まで感じてしまいます。

 

この強烈な画像を壁に貼り付ける事で、合わない客が入るのを防止してるのでしょう。

日本一馬鹿豚の外観

 

日本一馬鹿豚のお店は小さい建物なのですが、強烈なエネルギーをガンガン発しているので目立ちます。

そして、駐車場は他のお店と共用なのですが普通に広い。

日本一馬鹿豚の駐車場

車社会の群馬県でこれだけの駐車場があるのはポイントが高い。

目次に戻る

日本一馬鹿豚の店内の様子!狭いがオーラがある。

日本一馬鹿豚の店内の様子です。

寒い時期でも熱気を感じさせるオーラがあります。

店内の様子

カッパ君
さすが二郎系…

 

全席カウンター席で9席分ほどあります。

カウンター席には調味料が備え付けてあり、途中で味を変えられます。

調味料

 

下記画像の画びょうの部分に赤ペンが載っていて、それで食券に

  • ヤサイ
  • ニンニク
  • アブラ

の増減を〇をつける形で記入して、カウンターに置き、店員が取っていくのを待ちます。

カウンター

 

なぜかガチャポンみたいな装置が置いてあり、割引券ガチャが100円でできます↓

ガチャ

目次に戻る

日本一馬鹿豚のメニューは少ないが分かりやすい。

日本一馬鹿豚のメニューは品数は多くは無いですがシンプルで分かりやすいです。

メニューブックは無く、食券機で選ぶスタイル。

日本一馬鹿豚の食券機

  • 特製日本一馬鹿豚麵(量が多い)
  • 特製馬鹿豚麵(量が普通)
  • 特製でかチャーまぜそば

が基本で、その中から具を考慮して好きなのを選ぶ感じです。

カツオ
今回、僕は特製馬鹿豚麵の味玉バージョン(味玉馬鹿豚麵)を注文。

目次に戻る

日本一馬鹿豚のラーメンは二郎系だが割とあっさりで食べやすい!?

カウンター席につき、食券を提出。

その後トイレに行って、戻ってきて数分したらラーメンが来ました。

味玉馬鹿豚麵

炙りチャーシューが4枚のっていますが、これは1枚から5枚の間で選択可能。

そして何枚にしても値段は一緒です。

今回なぜかチキって4枚にしましたが、5枚にするべきだったと反省してます。

 

今回の注文は

  • ヤサイ=普通。
  • ニンニク=普通。
  • アブラ=少な目。

でいきました。

 

ニンニク↓

ニンニク

ニンニクの量は普通のはずなのですが、普通に多い。

念の為、口に入れて確認してみましたが、やはりニンニクでしたw

 

炙りチャーシューは絶品でしたね。

炙りチャーシュー

香ばしくて柔らかい。

臭みも少なく、味かげんも濃過ぎずに丁度いい。

このチャーシューだけ販売してほしいレベルで旨い。

チャーシューだけで見れば群馬県ナンバー1と言っても、個人的には理解できるレベル。

 

麵はストレート麵で太い。

歯ごたえ強し。

麺

 

味玉

味玉は普通でした。

ラーメンや店の雰囲気に対して特徴が無さすぎる…w

 

スープは醬油ベースで、あっさり。

日本一馬鹿豚のスープ

炙りチャーシューや麵の太さ、ニンニクが強烈なのにスープがこれでいいのか?と思うくらいあっさり味。

よく言えばどんな麺や具材とも喧嘩をしないスープ。

悪く言えば特徴が無く、麺や具材に負けるスープ。

個人的にはもっと特徴のあるスープの方が好みでした。

 

今回、二郎系ラーメンという事で意外とビビりながら入店したのですが、日本一馬鹿豚のラーメンは二郎系にしてはとても食べやすく完食できました。

女性や小食の人には向きませんが、それでも二郎系という事を考えると食べやすいと思います。

 

炙りチャーシューは美味しいし、スープもあっさりです。

下品さを二郎系から取り除いた感じ。

 

ただ、本当の意味でのジロリアンには物足りないでしょうし、僕みたいに別に二郎系じゃなくてもいいやみたいな人には重過ぎるとも言えますね。

目次に戻る

日本一馬鹿豚の基本データ。

日本一馬鹿豚の基本データを載せておきます。

店名 日本一馬鹿豚(にっぽんいちばかぶた)
住所 群馬県高崎市貝沢町1320-1
電話番号 027-388-1198
定休日 無し。
営業時間
11:00〜22:00
駐車場 あり。
予算の目安 1000円から1500円くらい。
公式HPなど 日本一馬鹿豚のHP

 

日本一馬鹿豚の地図も載せておきます↓

目次に戻る

  • この記事を書いた人

カツオ

群馬県在住のブロガー。群馬県の魅力をエキセントリックに庶民の立場から発信します。

-高崎市のグルメ

© 2021 カツオの群馬探検