群馬の観光地

南牧村の星尾温泉はレストランも日帰り温泉もあって最高!

2020年8月31日

群馬県南牧村の温泉、星尾温泉 木の葉石の湯に行ってきましたので、そのレビュー記事です。

星尾温泉での日帰り温泉の雰囲気や料理などについてしっかりレポート。

南牧村に行く方で温泉にも入ってみたいという方は是非参考にしてみて下さい。

カツオ
ポイントをかいつまんで述べます↓
  • 星尾温泉は南牧村の端にある温泉。
  • 星尾温泉は手作り感満載でおもしろい!
  • 星尾温泉は濁ったお湯でくつろげる!
  • 秘湯カレーや炭うどんも美味しい!
  • 2020年8月30日に訪問した時の情報です。

この記事を読む事で南牧村をもっと楽しめるようになります!

星尾温泉に行った時の様子を動画にしていますので、ぜひご覧ください↓

カッパ君
内容に入って行くよ!

目次に戻る

星尾温泉は南牧村の端にある!周辺は自然がたくさん!

星尾温泉は群馬県南牧村の端にあります。

田舎というより「山奥」という表現が近い限界集落。

星尾温泉

山奥にこんな感じの看板が出ています。

 

駐車場は道沿いに何カ所か確認!

星尾温泉の駐車場

ここには2台分停める事が出来る。

 

ここにも駐車可能なようです↓

星尾温泉の駐車場

この写真の右側に星尾温泉の建物があります。

 

言うまでもない話かもですが、星尾温泉は南牧村の端にあるという事で、車じゃないと来るのは無理でしょう。

せめてバイク。

自転車が趣味の人は自転車も無くは無いと思いますが、車が無難です。

目次に戻る

星尾温泉は民家の外観です。

星尾温泉は南牧村を復興させようと有志の方が集まって作られた温泉です。

築200年の民家を改装して作られたそうな。

「星尾温泉 木の葉石の湯」は、西上州南牧村の最奥にある星尾集落にかつてあった共同浴場を復活させ、2018年9月に開業した源泉かけ流しの小さな日帰り温泉です。

温泉施設は築200年の古民家を素人のボランティア集団が手造りで改装し、薪ボイラーで源泉を湧かすという、私たちの目指すアナログの世界を実現させました。

引用元:星尾温泉 木の葉石の湯 | 西上州・群馬県南牧村の小さな秘湯

 

坂を上がったところに星尾温泉の入り口があります。

星尾温泉入り口への坂

 

星尾温泉の入り口

築200年の古民家らしいですが、悪い意味での古さは感じません。

目次に戻る

星尾温泉の内部も民家風。綺麗です。

星尾温泉の内部の様子を紹介していきます。

 

築200年といいますから、ちょっとどうなのかな?という一抹の不安もありましたが、普通に綺麗でした。

星尾温泉の玄関

玄関を入ったところ。オーラがある。

 

暑い季節に行ったのですが南牧村の気候が涼しいからか、そこまで厚さは感じず。

星尾温泉の玄関

 

受付

入り口の右側には温泉入浴の受付がある。

 

囲炉裏

奥には囲炉裏が。

 

星尾温泉の内部

絵などが売られている。

 

築200年の古民家とは言いますが、改装してからはまだ日が浅く、ほんのり木の香りがするのが印象的。

奥には「レストランせせらぎ」というレストランがあり、南牧村料理が食べられます。

レストランせせらぎ

奥にはレストランが。

目次に戻る

星尾温泉の温泉は濁った泉質で体によさそう!

レストランで注文した料理が出てくるまで少し時間がかかるというので、先に温泉に入ることに。

カツオ
僕はお風呂に入るスピードが速いタイプなのです。

 

レストランせせらぎの隣に温泉ゾーンがあります。

ゆ

レストランの一角に「ゆ」ののれんが。

 

のれんをくぐって進むと女湯と男湯の分かれ道があります。

温泉ゾーン

奥に見える施設は今後宿泊施設などになるらしいです。

 

男湯の更衣室はこんな感じ↓

更衣室

木のいい匂いがしました。

 

振り返るとトイレもあります。

更衣室隣のトイレ

 

お風呂の様子を紹介していきますね!

画像では表せませんが、木のいい匂いがしっかりします。

お風呂の様子

とても手作りとは思えないクオリティ。

 

星尾温泉の湯舟

 

湯舟

これは温泉につかりながら撮影しました。僕一人しかいなかったので。

 

お風呂の階段

階段ではなく脚立が置いてあります。

 

お風呂の窓からは山の景色が見えます。

温泉の窓から見た景色

景色は別にそんなに良いわけではないw

 

お風呂の洗い場は二カ所で超シンプルです。

シャワーはありません。

洗い場

超シンプルw

この桶は富士山の檜を使っているとの事でした。

床がぬめっていて不快だという事も無いです。

 

環境保護への取り組みも熱心な温泉です。

貼り紙

 

シャンプーとリンス

このシャンプーとリンスは購入もできるらしい。

 

洗面台

洗い場の角には蛇口も。

 

星尾温泉 木の葉石の湯 の効能

 

星尾温泉 木の葉石の湯

 

温泉分析所

字が小さいですがご愛嬌という事で。クリックで拡大。

 

分析書?

 

星尾温泉の温泉は濁っていて、心なしか普通の水よりもほんの少しだけドロッとした感じがします。

かなり濃厚な気がするのですが、この温泉は浴槽に入れるまでは無色らしいです。

あまり熱い温泉には入れないタイプの僕ですが、しっかりと浸かる事ができました。

カツオ
丁度いい温度!

 

浴室にシャワーはありませんが、桶でお湯をかぶればいいですし、気にはなりませんでした。

ただ、女性や子供にとってはまた違う見方もあろうかと思います。

個人的にはそういうちょっと不便な部分が秘境の温泉っぽくて気に入ったのですが。

 

「素人の手作り」と店内に貼り紙がしてありましたが、危険なところや不潔なところはなく、むしろ「これ本当に手作り?」と思ってしまうくらい良く出来た浴室でしたね。

南牧村はちょっとだけ高地にあるので涼しいのですが、冬に来たらとても気持ちよさそうな温泉です。

夏でも最高でしたが。

目次に戻る

レストランせせらぎの料理も美味しい!

温泉からあがってしばらくしたら注文した料理が出てきました。

 

僕は炭うどんを注文。

炭うどん

これが炭うどんです。メニューやHPに載っている写真と違いますが、時期によってアレンジされるのでしょう。

 

ちなみに炭うどんのメニューが置いてありましたが、出てきたものと全然違うw

炭うどんのメニュー

 

うどんをUPで見るとこんな感じ。

炭うどん

コシがしっかりあって、美味しかったです。

乗っている野菜も地元でとれたもので、おいしい。

特にキノコには味が染みていて気に入りました。

南牧村の家庭料理って感じですが、商品として売り出しているだけあってしっかりしてます。

 

妻は秘湯カレーを注文。

秘湯カレー

秘湯カレーは辛さは控えめで誰でも食べれる味です。

ラム肉が入っていました。

ちょっともらって食べてみましたが、こちらもとても美味しいカレー。

 

個人的には星尾温泉の公式HPに乗っていた山菜定食を注文したかったのですが、今の時期はあまり山菜が無いらしく提供していないそうです。

 

また、カレーの味も僕たちが行く前日に思い切って変えてみたという事で色々状況や時期に応じて変えている感じですね。

普通のレストランで食べるような料理は365日同じメニューですが、星尾温泉のレストランせせらぎの料理は地元の状況によっていろいろ変化するのでしょう。

来る時期によって食べられるもの、食べられないものがあるというのも自然な感じでいい。

また来たくなります。

 

ちなみにいつもだったらメニューブックを撮影するのですが、そういうものは置いてありませんでした。

目次に戻る

星尾温泉 木の葉石の湯の詳細

星尾温泉の詳細をまとめましたので参考にしてみて下さい。

店名 星尾温泉 木の葉石の湯
住所 群馬県甘楽郡南牧村星尾1162
電話番号 090-4733-4939(責任者の方の携帯)
定休日 月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)
※自分が行った時期はコロナの関係で金土日祝のみの営業でした。
営業時間 11:00-18:00
入浴の受付が17:30まで。レストランは17:00まで。
駐車場 4台分くらいを確認。(他にもあるかも)
予算の目安 入浴料800円、食事は1000円から。
公式HPなど 星尾温泉のHP

星尾温泉は今後、宿泊施設なども増設されていくらしいです。

そしたらもう一度来たいですね。

 

星尾温泉の地図も載せておきます↓

目次に戻る

  • この記事を書いた人

カツオ

群馬県在住のブロガー。群馬県の魅力をエキセントリックに庶民の立場から発信します。

-群馬の観光地

© 2020 カツオの群馬探検